• ホーム
  • 禁煙薬チャンピックスの効果とは

禁煙薬チャンピックスの効果とは

ライターを持っている人

煙草は肺ガンのリスクを高めると言われています。
しかし、煙草の肺ガンのリスクと言うのは喫煙者だけではなく、喫煙者が吐き出した煙りや灰皿に煙草を置いて在る時に立ち上る煙などにも発ガン性物質が含まれており、喫煙を行う時の煙よりも、これらの煙の方が肺ガンになるリスクが高いと言われています。
家族の中で喫煙をする人が居る場合、その人が家族の周りで喫煙を行うと、喫煙をしない家族にも肺ガンのリスクが高くなると言われているのです。
また、最近は消費税が上がった事などからも煙草の値段が高額になっており、消費税が上がることや、周りにいる人への肺ガンのリスクが在るなどの理由からも煙草を止める、もしくは節煙を心掛ける人が増えていると言います。
因みに、喫煙者が吐き出した煙や灰皿に煙草を置いて在る時に立ち上る煙を吸い込む事を受動喫煙と呼んでおり、受動喫煙による肺ガンのリスクは高いと言います。

ところで、煙草と言うのは簡単に止める事が出来る人もいれば、中々辞める事が出来ない人も多いものです。
煙草と言うものにはニコチン中毒による喫煙における欲求が在ると言います。
煙草を吸いたくなるのは、ニコチンを身体が求めているからであり、煙草を簡単に止める事が出来る人と言うのは、ニコチンの欲求作用が少ないと言われているのです。
最近は、禁煙をする目的において、病院の中に禁煙外来と呼ばれる診療科が設けられています。

禁煙外来は、お医者さんに協力をして貰って禁煙をして煙草を止める目的で通院する診療科であり、禁煙外来ではチャンピックスと呼ばれる禁煙補助剤が処方され治療を進めて行くことになるのが特徴です。
尚、禁煙補助剤と言うのは、チャンピックス以外にも数種類が存在しており、ドラッグストアなどでも購入が可能になっていますが、チャンピックスは初診の場合と、初回診療日から1年経過している場合は健康保険が適用されるので、薬の費用についても3割負担で良いと言う特徴が有ります。

チャンピックスは12週間で禁煙を成功する事が出来ると言う禁煙補助剤であり、最初の7日間については煙草が吸いたくなった場合は喫煙をしても良いと言う特徴も有ります。
また、薬の飲み方についても特徴が有ります。
最初の1週間は、前半の3日間は1日1回0.5mg錠を服用し、後半の4日間は1日2回0.5mg錠を服用します。
2週目から12週目までは1日2回1mg錠を服用する事で禁煙が出来ると言われているのです。
尚、途中で喫煙がしたくない状態になった場合は、その時に服用を止めても良いと言う特徴が有ります。

関連記事
禁煙する時は周りの人に宣言すると良い 2019年11月14日

禁煙するぞ!!と決めても、喫煙者にとってはなかなかタバコを止めるのは難しいものです。ニコチンの禁断症状に悩まされたり、タバコを吸いたいという欲求に負けそうになってしまいます。そんな辛い禁煙に打ち勝つためにも、禁煙する時には周りの人に宣言すると良いです。禁煙すると宣言することで、自分自身へ言い聞かせる...

チャンピックスの通販は違法なのか? 2019年11月30日

禁煙するのに大きな効果のあるチャンピックスは、病院の禁煙外来などで処方されています。これまでの日本にはなかった飲むタイプの禁煙補助剤で禁煙に伴う禁断症状を防ぐ効果があり、長年タバコを手放せなかった人でもスムーズにタバコをやめる事ができます。飲み始めてしばらくはタバコを吸っていても良いので、徐々に数量...

女性も使用可能な禁煙治療薬チャンピックス 2019年10月27日

タバコを吸う人は、男性が多い傾向にあります。では、女性にタバコ嫌いが多い理由を説明します。まず一つ目の理由は、タバコの臭いです。タバコは、臭いが強いものがあり、体や衣服にその臭いがついてしまいます。女性の場合、臭いを気にする人が多く、中には香水などの良い香りを体につけている人もいます。よって、タバコ...

チャンピックスの通院回数と成功率について 2019年09月29日

チャンピックスは禁煙外来で処方される禁煙治療薬です。禁煙外来と言うのは、病院の中に作られた診療科で、自らの意思ではタバコを止めることが出来ない人が通院を行う事で、禁煙の成功率を高めることが出来ると言われています。尚、チャンピックスは最初に禁煙外来に出向いてから4回の通院回数で禁煙治療を行う事になりま...